京都大学大学院教育学研究科 明和政子 研究室

日本語 | ENGLISH

ニュース

『顔を「見る」から顔を「読む」へ』 研究成果が各種新聞・メディアに取り上げられました!

顔を「見る」から顔を「読む」へ -ヒト特有の心が獲得されるプロセスの解明-

明和教授、吉田千里同研究員、平田聡野生動物研究センター教授らのグループにより、ヒトが他者の顔へ注意を向けるときの
特徴とその発達プロセスを初めて明らかにしました。
詳細はこちら

この研究成果は、「PLOS ONE」に掲載され、その他メディア・新聞社にも取り上げられました。

論文情報
Masako Myowa-Yamakoshi, Chisato Yoshida, Satoshi Hirata
“Humans but Not Chimpanzees Vary Face-Scanning Patterns Depending on Contexts during Action Observation”
PLOS ONE 10(11): e0139989 Published: November 4, 2015

DOI:http://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0139989
KURENAI:http://hdl.handle.net/2433/201379

NHKニュース記事(2015年11月6日):http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20151105/3248361.html
掲載新聞:日本経済新聞(夕刊11月5日14面)・読売新聞(11月8日33面)・毎日新聞(11月5日26面)・京都新聞(11月5日26面)

 

 

 

  • 京都大学
  • 京都大学教育学部

↑